MIDI出力をマルチチャンネル化する方法

MaxからのMIDI出力を8チャンネル等マルチ出力する方法について書きます.

MaxからのMIDI出力を4つのステレオスピーカに送る方法について調べていたのですが,どうもMax単体だとマルチチャンネル化できないようでした.(もしかしたらできるかもしれませんが...)

そこで,MaxからのMIDI信号をDAWに送ることでマルチチャンネル化します.

今回用いたのはAbleton Liveです.
MaxからのMIDI信号出力をfrom MaxMsp1にします.

Live側で受け取るMIDI信号をMaxMsp1にします.

これで,MaxのMIDI信号をLiveに送ることができるようになりました.

マルチチャンネルで出力するにはオーディオインタフェースを用いるのですが,Live側で出力先をオーディオインタフェースに設定します.

そして,出力する先のチャンネルを指定すると,マルチチャンネル化できます.

Maxから送るMIDIチャンネルとLive側で受け取るMIDIチャンネルをそろえれば,出力したいスピーカチャンネルにMIDIを使って音を出すことができます.

もちろんLive以外のDAWでもできます,Logicとか.
何気ないことですけど,案外わからなかったりしますよね.


EC2011

10月7日〜9日まで日本科学未来館で行われた,Entertainment Computing 2011に参加しました.

IVRC(International collegiate Virtual Reality Contest)と同時開催されていたので,多くの人が来ていました.

僕はJUKE Cylinderを口頭発表+デモ展示しました.
 
10月7日口頭発表

口頭発表は未来館ホールと会議室2で行われました.
未来館ホールはとてもすばらしい会場でした.

僕の発表は音セッションの最後で,会議室で行いました.
プレゼンはiPad+あの人Tシャツという,初めての挑戦で望んでみました.
iPadプレゼンはもっと練習がいるなぁと感じました.
視線が難しいですね.でもスクリーンを見るよりは,会場の人たちを見ながらしゃべる方がいいかと思ってiPadを使ってみました.
関西学院大学理工学部情報科学科教授の片寄先生に貴重なコメントをいただきました.
Crestで廣瀬研との交流もあったというようなことをおっしゃっていました.
ありがとうございました.
 
10月8日デモ発表

EC二日目はデモ発表でした.前日に少し準備して,朝から設営しました.
僕のブースはこんな感じでした.

周囲の音がけっこう大きい+風が入り込んでくるということでなかなか安定してシステムは動きにくかったですが,それでも多くの人に体験していただくことができました.
体験していただいた方のほとんどが「手から本当に音が鳴っている」といった感想を行ってくれました.
お子様も体験してくれて,笑顔で喜んでくれたのがよかったです.

[写真]

デモ展示でも片寄先生とお話できて,アドバイスをいただきました.
また超音波で空中触覚を生成する研究をしている星先生にもアドバイスをいただきました.
ありがとうございました.

この日は展示の説明で他の展示をほとんど回ることができませんでした.
 
10月9日

9日は測のセッションと,画のセッションを聴きにいきました.
測のセッションでは東大のアルバロ先生の研究室の発表でExtroverting Interfaceという発表がありました.
レーザで感情を表現するという技術でした.
レーザはやっぱり奇麗ですねぇ.

この日はデモ展示をみることができました.
中でも面白かったのが,このBathcratch.
風呂の浴槽をこすることでDJスクラッチを楽しむという作品です.

やってみましたがこつがあって,なかなか鳴ってくれなかったです笑
でもインパクト,おもしろさ,とっつきやすさ等,とてもいい作品だと思いました.
結果,この作品が7つの賞のうち3つをもらっていました!
なんでも2週間で実装したとか...すげー.

これは物体の動きに着目した人工影生成システムというものです.

マーカつきの丸いやつをスクリーンにかざすと,影が木に変化し,さらに動きに合わせて風がふいているような映像が表示されるというものでした.

これはPseudo-Hapticsを用いて,木琴や鉄筋をたたいているような感覚を提示するシステム.
個人的にはたたくより,表面を転がすほうが,質感の違いがわかりやすかったです.面白いシステムでした!
cartoon-inspired model という言葉を初めて聴きました.
Pseudo-Hapticsの研究者のアナトール先生が共著に入っていたので,共同研究をしているのでしょうか.

他にもいろいろと面白い展示があり,アイデアの塊でした.
参加できてよかったと思います.

こういった,学会で自分の作ったシステムをデモ展示するのは初めてだったので,搬入搬出や,システムの調整等,わからないことだらけでしたが,初めてなりにもうまくできたのではないかと思います.

次は12月の東京大学制作展に向けて,がんばっていきたいと思います.